Urban Guitar SAYONARA

|

Free Audio on World Wide Web

Archive for the ‘Mixgalaxy Records’ Category

Taker 51 – 『Luces En La Noche』 [MIXG012]

2010/08/14

 
 Taker 51 – 『Luces En La Noche』 [MIXG012]


 - Tracklist -
 01. A Cold Place
 02. Ummo
 03. Gloomy Saturday
 04. Socorros A Naufragos
 05. Viento Vagabundo
 06. Brazo Del Dolor
 07. Cae
 08. Brazo Del Dolor (Cubic Remix)
 09. Brazo Del Dolor (Gipa Remix)

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.


 - 01. A Cold Place

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.


 - 04. Socorros A Naufragos


+ + +


 Release Page :
  ≫ [ main ] / [ mirror1 ] / [ mirror2
  ≫ [ mininova torrent ] / [ Download ZIPDownload Free!

 Release Date : 2010.08.04
 Label : Mixgalaxy Records

 Keywords : Ambient, Electronic, Guitar, Industrial, Piano.


 - Taker 51 on MySpace / on Last.fm / on SoundClick


+ + + + + +


 ロシアのネットレーベル、Mixgalaxy Recordsより。スペインのコンポーザー、Taker 51こと、Raúl Díazの作品がリリースされています。これ以前にもリリースはありまして、上記Last.fm、もしくはSoundClickからダウンロードすることができます。

 ひとつの作品の中でも幅広いスタイルを提示しているように思います。M-1なぞはElectronicなビートと、ドラマティックなシンセサウンド(ストリングスも聞こえるか)を合体させたメロディックなIDMともいえるトラック。M-2はシンセによる冷たいAmbienceと硬質なリズム、そして過激なディストーションギター(!)を配合したIndustrial Rcok的な展開から、ピアノ、ストリングスが浮かび上がってくるという、めまぐるしく聞き手を揺さぶる不思議なトラック。
 M-3はこの辺りがスペインらしいと勝手に思っているのですが、感情性豊かなギターフレーズとピアノの調べ(情熱的という言葉も思い浮かぶが、決して明るいわけではない)、その背後でうねり続けるシンセ色の強いAmbience。このM-3のようなトラックがおそらく彼のもっとも主軸にあるスタイルに思えます。即興演奏的に聴こえるギター(ディストーション含む)や鍵盤と、シンセによるエフェクトやAmbience、そしてElectronicなビート(ときには重々しい)。この、マシーナリーな背景の中で動き回る情緒あるフレーズという図式が、非常に個性的に思います。それはやはりタイトルの”Luces En La Noche”、すなわち”Lights in the night”という言葉にも重なるイメージかもしれません。暗い夜の中に流れ込む、月の光という一つの波―それは暖かくはないけれど、どこかリラクシンな光景。

 そして今更ながらに思いますが、Mixgalaxy Recordsのリリースはジャケットのタッチが統一されていていいですね。同じ人がデザインしているのかな。


+ + +






PiXtar – 『Moon 5』 [MIXG007]

2010/03/08

 
 PiXtar – 『Moon 5』 [MIXG007]


 - Tracklist –
 01. Solar Wind
 02. Jupiter Rising
 03. Moon 5
 04. Twilight Area
 05. Back of the Moon

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.


 - 03. Moon 5


+ + +


 Release Page Download Free!

 Release Date : 2010.03.06
 Label : Mixgalaxy Records

 Keywords : Dub, Electronic, Experimental, Psychedelic.


 - PiXtar on Last.fm


+ + + + + +


 ロシアのレーベル、Mixgalaxy Recordsより。PiXtarの作品。あまり情報はありませんが、Future Sound Of LondonやThe Orbといった、Ambient musicとHouseの結びつきを深めた先人たちの影響を受けながら、音楽を作ってきたようです。といっても私はどちらもほとんど聴いていないので、その影響云々について言及することはできませんが!

 全体的にダビーともいえる低音を効かせたElectronicな作品になっていまして、Ambientという言葉を感じさせる要素はほとんどありません。おそらくアルバム、曲タイトルからするに、宇宙旅行的なイメージがコンセプトとしてあるように思うのですが、 ここにあるサウンドはその神秘性や期待感といったポジティヴな感覚を伝えるものではなくて、どちらかというと、未知に対する不安や恐怖といった逆方向のものを感じさせるように思います。リバーブしまくった電子音が広げるサイケデリックな空間を、手放しで遊泳するのはとてもスリリングです。

 しかし、最終曲”Back Of The Moon”だけはなぜか唐突にメロディックな部分が出てくる(あとタイトルトラックのM-3もそんな傾向がある)。月の神秘性とでも言うか(安っぽい表現)。地球上から観測不可能な月の裏側は、果たしてどんな顔なのか。それは曲を聴いて確かめるんだ!とか言ってみる。


+ + +